婚活パーティーの勝者になりたい アラフォー女子の戦い方とは?

■アラフォー独身女子。東京でアラフォー限定のお見合い、パーティーってある?

もちろん、あります。
年齢以外にも、いろいろな限定パーティーがあります。

 

どんなものがあるかご紹介しましょう。

出身地別パーティー
・外国出身者
・北海道出身者
・関東出身者
・東京23区出身者
・埼玉県出身者 などなど・・
広範囲な地域から、局地的な範囲まで色々です。

ライフスタイル別パーティー
・禁煙者
・土日休み
・一年以内に結婚したい人
・お酒が苦手な人
・田舎暮らしがしたい人
・新宿で働く人
・六本木で働く人 などなど・・
交際に発展することを考えると、ありなわけかたですね。

趣味別パーティー
・アウトドア好き
・インドア好き
・アニメ好き
・登山好き
・サッカー好き などなど・・
共通趣味で交流を深めるには持って来いです。

その他、特徴のあるパーティー
・めがね男女
・血液型別
・小柄な人
・ぽっちゃりさん
ちょっとマニアックな趣味の人たちといったところでしょうか。
小柄な人なんていうのは、とくに男性にはいいわけ方かもしれませんね。

年代別のパーティー以外にも、こんなにたくさんあるんです。
何か一つ、共通点があるとそれだけで親近感は湧くものです。
このようなパーティーでも、参加してみると楽しいかもしれませんよ。

■婚活パーティーでの戦略は?

一言、間口を広く持つ。ということです。

 

アラフォー女子の結婚対象とした男性で自分より年上を望む場合は、
初婚に限らず、再婚の男性も候補に上げるべきです。

そうすることで、可能性が倍になるどころか、
その年代だと初婚の男性のほうが少ないので、
結婚成功率は、3倍にも4倍にも膨れ上がる可能性があります。

しかも、再婚を考えている人は、失敗を繰り返さないようにと、
女性を選ぶのも慎重です。
若い女性より、人生経験豊富な女性を選びがちだという結果もあります。

また、勢いにのる。ことも大事です。

年齢的に失敗したくない、ここまで待ったんだから、下手を捕まえたくない。
わかります。わかりますが、そんな考えは捨てましょう。

世間を見てきたアラフォー女子の目は、大変シビアです。
そのおメガネに叶うなんて、針にロープを通すようなものです。

すてきだな、この人ならいいかな?
そう思ったら、行きましょう!
すぐに結婚しなくても、結婚に向かって進むだけでだいぶ違います。

主夫でも構わない。

アラフォー女子ともなると、会社でもそれなりの地位にいることも多く、
結婚後も仕事は辞めたくないと思っている人もいるのではないでしょうか。

ならばやめなければいいのです。
男性の方が女性より寿命は短いのだから、
自分より若い男性と結婚して、少しでも長く二人の時間を楽しむ。

そのためには、とりあえず自分が働いて主夫をお願いするのも手です。
最近は、お料理が趣味の男性も増えてきました。
正規雇用者にこだわらないのであれば、なおさら候補にどうでしょうか。

こうして少し見てみるだけでも、20代の結婚とちがい、
アラフォー女子の婚活には、
いろいろな将来性を見ることができます。

ぜひ、ご自身の未来予想図を見なおして、
未来予想図が、将来設計になるようになるといいですね。

■選ばれない女性にはならない

結婚にかぎらず、交友関係ですら嫌煙されてしまいがちなのが、
アラフォー女子です。

 

なぜなのか、具体例を上げてみました。

・計算高い
・自分を棚に上げる
・自分を磨き過ぎる
・品がない
・がんこ

一人で生活していると、他人と譲歩する場面が余りありません。
それゆえ、自分の考え方が正しく、自分が一番大切になりがちです。
すると、がんこ・棚上げにつながります。

ある程度社会生活をすごすと、うまく生きていくための手段を学びます。
それが、計算高い女性という形で現れてしまう可能性があります。

英会話やヨガなど、自分の教養や美のためにいろいろ費やしてきた。
それが過剰な自信につながると、せっかくの教養も嫌味となってしまいます。

こういったことを念頭に置いて、
マイナス点になりそうなことは、排除していきましょう。

■人脈を活かそう

今まで積み上げてきた多くの人生経験を活かし、
親しい友人から取引先の相手、スクールでよく合う人など、
ありとあらゆる人脈を活かしましょう。

 

また、そういった人たちの中に、
今まではそんな気はなかったけど、案外結婚を考えられそうな人いませんか?

そう言う目で見たことがなかったというなら、
ぜひ、自分の周りの人たちをもう一度見なおしてみてください。

ひょっとしたら運命の人は、もうすぐ目の前にいたのかもしれません。

見なおしてみて、「この人は!」という人がもしいたなら、
迷ってないですぐに行動開始です。

連絡を取り、食事やお茶に誘う。
趣味やスクールでの相手なら、それを口実に誘ってみる。
とにかく積極的に行きましょう。

迷ったり、恥ずかしがってる暇はありませんよ。

■年齢差カップルに学ぶ自己分析

年齢差のあるカップルの場合、
まず気になるのは、「お互いの年齢がきにならないのか?」ということ。

 

当事者曰くは、あまり気にならないみたいです。
まぁ、わかっててお付き合いしているんだから当然ですよね。

しかし年齢差と言うのは、単純に年齢が上下の話では済まされません。
年齢に開きがあると、こんな問題も起きるのです。

① ジェネレーションギャップ
2つ3つの歳の差ならあまり感じないかもしれませんが、
10歳近く離れると、それは顕著に現れます。

青春時代聞いていた音楽が違う
当時の世間のはやりが違う
常識が違う などなど・・

常識が違うというのは、例えば以前は家庭の治療法で、
怪我や軽いやけどの時は、患部を消毒して乾燥させましたが、
今は、消毒せず水洗いし潤い成分のある絆創膏で覆うのが一般的です。

② 教養のギャップ
「知識」や「品格」といった、経験から得られるものは、
年齢が違えば、経験数が違うので互いの差として現れます。
今までの仕事での経験。
生活をしてきた上で出入りした、様々な場所の経験。
そういった知識は、学力とは違い、経験することでしか学べません。

年齢差のあるカップルの方たちは、
「歳の差を感じない」「歳の差を気にしない」といいますが、
これらの差を本当に感じないのでしょうか?

きっと実感したことはあるはずです。
しかし、そのたびに相手を理解しようと寄り添ってみたり、
相手を尊敬して、素直に聞き入れてきたりしているのです。

この謙虚なきもちこそが、
アラフォー女子の婚活における重要な要素なのです。

私に合う人がいないのではなく、
あなたが合わせられないのではないですか?
もう一度自己分析をしてみる必要はないですか?

■相対的に自分の利点を出しやすい戦場はどこ?

もしも今一度自己分析をしてみて、
謙虚な気持ちで婚活をしてみようとしているのなら、
アラフォー以上限定のパーティーに行ってみましょう。

 

そこで他の女子たちが、どんな様子なのか、
以前の自分と比べてみると、よくわかると思います。

その違いに気づけたなら、もう大丈夫です。
嫌煙されがちな、いけないアラフォー女子からは見事脱却しています。

そして自己分析がしっかりと出来たなら、
小規模なのか、大規模なのか、一対一なのか、
自分に向いている会場の規模もわかっているはずです。

そうなればあとは簡単。
自分がいちばん年下になるように会場を選び、
年齢を重ねた大人の女性の魅力を存分に発揮すればいいのです。

■パーティーでの注意

ここまで自分磨きをしたのに、
それが会場でうまくできなかったらがっかりですよね。

 

婚活パーティーにおいて、
絶対に抑えておきたいポイントは、印象に残ることです。

どんなに内面が成長しても、
大規模な婚活パーティーの場合、そこまで見せる時間がありません。

まず第一印象を残して、
フリートークに少しでも話せる人を確保する。

第一印象の残し方、わかりますよね。
・自分らしさを残しつつも、流行りを取り入れた明るい服装
・品のある、可愛らしい笑顔で相手を見つめる
・女性らしい話し方をする

アラフォー女子の「必死感」は絶対出してはいけません。
余裕のある振る舞いが、より女性らしさを感じさせてくれます。

■お見合いでの注意

お見合いや、個室パーティーなどは、
お相手の方とじっくり話すことができます。

 

ここでは、あなたの内面の美しさを発揮する絶好の機会です。

印象の良し悪しは、パーティーの時と同じですが、
話してみると案外面倒な人だな、と思われないよう、
さらに相手を惹きつける話し方を実行してみましょう。

・タイミングよく相槌を打つ
・「それでどうなりました?」や「すごいですね」など
会話に興味を持って聞く。
・「私もあります」など、共通点を見つけて会話を広げる。

相槌は、やりすぎると相手の話すテンポとずれて帰って話しづらいものです。
きちんと話を聞いていれば、タイミングは自ずとわかります。

話の先を促したり、多少大げさでも驚いてみせたりすると、
相手は自分の話を聞いてもらっている満足感が得られ好印象を与えます。

共通点を見つけることで、「では今度はご一緒に・・」など、
会話だけでなく、その後の関係に発展する可能性もあります。

会話が始まった時は、このように聞き役に回るといいでしょう。
しかし知らない物同士の場合、まず会話が始まらないこともあります。
そんな時は、積極的に話しかけて見ましょう。

プロフィールカードを元に、
自分でも会話に乗れそうな相手の趣味や仕事などを見つけ、
さり気なく話を振ってみましょう。

これがスムーズに出来るだけで、
心遣いのできる素敵な女性だなと、男性に好印象を持たれることでしょう。

婚活中のアラフォー女子の本音は、
早く結果を出したい。いい人と巡りあえて、早く結婚したい。
これに尽きると思います。

でも、結果を急ぐあまりに出会いが遠ざかっては本末転倒です。

焦りはひとまず忘れて、余裕のある大人の女性として、
一人ひとりの男性と向き合ってみてはいかがでしょうか。
きっと素敵な出会いがあると思います。

アラフォー女性の婚活事情 35歳以上になると結婚できる確率が下がるって本当?

■30代後半の女です。35歳以上で結婚できた人の体験談を探しています。

他人の成功例を参考に、自身の活動に反映させる。
成功例を見て、自身に希望を持つ。
どちらにしても、成功体験があると知るのはいいことですね。

 

出会いは、思わぬところからもやってくる事がある。
その例を2つほど、ご紹介しましょう。

・A男さん(41歳) A子さん(38歳)
A男さんは、自営業で趣味は学生時代からのテニス。
平日は仕事、休日はテニスの生活で出会いがなかった。
お見合いパーティーや相談所にも行ったが、未だ独身。

そんなとき、同じテニススクールの友人に相談。
数週間後、早速友人の同僚を紹介された。
テニスが趣味のとても快活な女性で、すんなり結婚がまとまった。

・B男さん(39歳)B子さん(37歳)
B男さん、B子さんともに、40歳までには結婚したいと婚活していた。
しかし婚活パーティーでは、年齢が下の人達同士で固まってしまい、
いつも空振りに終わっていた。

そんなとき、同じ会場になった二人は、なんとなく視線があい話をすることに。
B男さん曰く、誰とも話さずに帰るくらいなら誰かと会話して終わりたい。
B子さん曰く、全然印象になかったので、近寄って来られて驚いた。

結局、それを期にお付き合いを始め、見事結婚されました。

どちらも、思惑とは違うところからの出会いを、
きちんと受け止めたからこその結果と言えます。

■結婚に年齢は関係ない?「結婚に遅いということはない」という本

結婚カウンセラーであり、牧師でもある著書が、
30代、とくにアラフォー世代へ送る、結婚指南書ともいうべき一冊。

 

その表題をいくつかご紹介します。

・結婚相手は恋愛相手とは違う
・相手を変えようとしてはダメ
・男という生き物を理解する
・「結婚すれば幸せになれる」は勘違い
・結婚したい男が求めている女性

などなど、その他にもたくさんの項目で書かれています。
最後の章の「幸せな結婚の真実」は、
今まさに婚活で焦っている人たちへの問いかけです。

結婚に焦るあまり、結婚への価値観が歪みかけている、
夢ばかりが膨らんで、現実が見れなくなってしまっている、
そんな人達に、本当の幸福とは何かを教えてくれる本です。

婚活がうまく行かずに疲れた。
もう何がだめなのかもわからない。
そんな人は、ぜひ一度読んでみてください。

厳しいけれど、愛のあふれた言葉で励ましてくれるはずです。

■アラフォー女子に立ちはだかる壁

35歳を過ぎると途端に結婚しづらくなる。
理由は様々ありますが、誰もができないわけではないのです。
では、どんな人なら結婚できるのでしょうか。

 

・自立している女性
生計的にという意味ではありません。
精神的にという意味です。

20代のころは、相手の男性に頼りきりというのも可愛げととってもらえます。
しかし30代も後半になると、依存と取られ嫌煙されます。

休日はスクールに通うなど、自己向上のために時間をつかったり、
ジムや軽い運動を習慣にして、自己管理をしている。
そんな女性は、わざわざ出会いの場に出向かなくても結婚できます。

・素直な女性
会社でもそれなりの地位にいる、いろいろな経験をしてきた。
見栄をはる必要な場面もあったでしょう。
でも、素直になるべき時は、素直になるべきなのです。

それは、相手の意見に対してだけではありません。
自分の心に対しても、素直に、謙虚でいるべきなのです。

一人が寂しい、誰かと人生を分かち合いたい、ともに歩む人がほしい。
自分の心にきちんと耳を傾け、素直に受け入れて実行出来る人が、
小さなチャンスもつかむことができるのです。

結婚を希望するとき、相手に多くを望むと思います。
しかし待ってください。
同じだけ、自分も相手から望まれていると覚えておいてください。

■甘え上手になれていますか?

男性は、いくつになっても頼られたいもの。
でも女性は?

 

大人の女性らしい甘え方というものをご紹介しましょう。

若い頃はちょっとした事でも男性を頼り、
やってもらえると「すご~い」と褒め称えたものですが、
徐々にその回数も、褒め方も変わってきます。

それは、「実は男性は対して頼りにならない」と知っているから。

なんでもたいていのことを自分でやってきたアラフォー女子からすると、
「こんなことでも褒めないといけないの?」
「なら自分でやったほうがはやい」となってしまいます。

でも、ちょっとまってください。
そんななんでもできそうな女性から、お願いされたらどうでしょう。
頑張ってやってあげた結果、笑顔でお礼を言われたら気分よくないですか?

男は単純なんです。
それだけで、その女性を可愛く感じてしまうんです。

だからといって、何でもかんでも甘えてはいけません。
ときどきお願いするから、効果があるんです。

そしてやってもらったら、
必ず相手の目を見て、笑顔でお礼を言いましょう。

これだけで、あなたの印象はググッと上がるはずです。

上手に甘えて、素敵な男性と結ばれましょう。

■確率で自分を縛らない。

35歳位上の独身女性が、その後結婚できる確率。
なんと2%です。

 

これは、35歳独身女子の総数に対する確率ではなく、
結婚している35歳女子も合わせた全体数に対する確率です。

この数字は、婚活がうまくいかないアラフォー女子には、
結構衝撃な数字かもしれませんが、
確率を理由に自分の可能性を狭めないでください。

この確率を逆に考えてください。2%はいるんです。
何百万人と結婚してる人はいるんです。

35歳以上で結婚した方は、たくさんいます。
ネット検索すると、その手の話はずらっと出てきます。

「2%」といわれると絶望的に感じますが、
「何百万人」といわれると希望が持てそうな気がしませんか?

確率というのは、あくまで全体に対するグループわけです。
大きなグループが優秀で、小さなグループは劣等生。
そんなことはありませんよね。あくまで規模での話ですから。

そしてそのグループの中も流動的に変化します。
小さなグループから抜け出したかったら、
抜け出ればいいのです。抜け出す一歩が肝心なんです。

グループから飛び出して、次のグループに到達するまで、
たった一人で彷徨わないといけません。
それが怖いから、小さくてもとどまっているのではありませんか?

確率を、留まる理由にしてはいけません。
一歩を踏み出し、新たに大グループの仲間入りした人は大勢いる。
望むなら、まず一歩を踏み出しましょう。

■結婚相談所で人気のパートナーエージェントの評判は?

まず、成婚率は大手マッチング企業と比べると、
ダントツに高いのが人気の一つです。

 

特に特徴的なのが、
専任のコンシェルジュ(担当者)がつくことです。

このコンシュルジュとよく話をして行くことで、
プロフィールには書くことのできない、
内面的なことも考慮してマッチングしてくれます。

また、年齢層が広く、特に30代以上の会員数が多いのも特徴です。
結婚に前向きな年代が多いため、成婚率が高いのもうなずけます。

そして驚きなのが、企業提携しているという点。
パートナーエージェントと約80社が企業提携していて、
実際に雇用している社員の婚活を経費として支援している。

実際に勤務している会社からの紹介なので、
これ以上信ぴょう性の高い情報はありませんよね。

しかし、いい話ばかりではありません。

最大の特徴でもあるコンシュルジュ制度ですが、
このコンシュルジュとの相性が鍵になります。

気が合う人についてもらうと、
なかなか口では説明しづらいことも汲み取ってくれたり、
自分では気づかなかった点を的確に指摘してくれたりします。

これが逆だと、まずコンシュルジュとの意思の疎通で
大きく躓いてしまいます。

もちろん担当を変えてもらうことはできますが、
それがはっきり言える人は、婚活しなくても
出会いを自力でつかみとれそうですよね。

また、マッチングのプロというだけあって、経験豊富な分、
コンシュルジュの年齢層が高めです。

そのため、人によってはかなり古い形式を持ち出す人や、
価値観が現代の人とは合わないこともあります。

良い面もあれば、悪い面もある。
どんなことにも二面性はあります。

ところがこの会社は、
入会三ヶ月で、一度もマッチングがなければ会費全額変換。
と記載があるほど、絶対の自身を持っているところです。

資料請求や、無料体験などありますので、
一度コンタクトを取ってみてもいいかもしれません。

■婚活を応援する企業が増えてきた

婚活は、社員の最大のプライベートで、
社員がそんなことにうつつを抜かしていると、
上司から嫌味の一つも言われていた時代がありました。

 

ところが今や、企業が社員の婚活を応援する時代なのです。

そうなった背景は、こちらです。

独身であることのデメリットから社員を脱却させ、
仕事にやる気を持って取り組んでもらうため。

・仕事にメリハリがなく、だらだらと社内に残っている
・いい加減な食生活で健康管理ができていない
・休日を含めて、生活時間が不規則

このような状況は、独身男子社員に多く見られる特徴で、
この状態が長引くと、「うつ病」を発症する危険があるそうです。

そのために、企業はリスク回避の一環として、
社をあげての婚活支援に乗り出すところが増えてきたようです。

また、婚活で欠かせない自己アピールは、
仕事のプレゼンテーションととても共通するところがあります。

婚活をしながら、仕事のスキルもアップする。
心身ともに向上するなら、企業も手助けしない手はないですよね。

■助け舟はたくさんでている

こうしてみてみると、結婚したい人への助け舟は
結構あることがわかります。

 

では、なぜ未だに結婚できない人の悩みが晴れないのか。

それは、その助け舟に乗らないからです。

他人の手は借りない。
知らない人は信用出来ない。
その舟はちいさく汚れていて自分にそぐわない。

色々と理由をつけては断り続けている結果、
2%の仲間入りできないことに、早く気づいてください。

素直な気持ちで周りを見渡せば、
案外すんなりゴールが見えたりするものですよ。

婚活パーティーに30代後半限定のパーティーってあるの?

■30代後半の女です。35歳から40歳限定の婚活パーティーはありますか?

婚活パーティーと言っても、いろいろありますよね。
共通の趣味で集められた人たちや、
年代で集められた人たちなど、様々です。

 

年齢限定のパーティー、もちろんあります。
20代の若い人が、50代の方と婚活しても普通はうまく行きません。
そのため、気の合いそうな年代同士限定というものがあるんです。

では、年齢限定とは、その程度の限定なのか。
また、それは男女どちらも限定なのか。
男女どちらかの限定なのか。詳しく見てみましょう。

まず、限定される範囲。
35歳の人オンリーという限定の仕方はありません。

大体、20代、30代、40代、50代以上のような分け方です。
20代~30代は、ひとくくりにされることが多いです。

ただ、ちょっと中途半端な分け方をすることがあります。
理由は、後で詳しくお話します。

次に、男女で限定年齢が違うのか。
はい、違うことがあります。

結婚を前提に出会いを求めてパーティーに参加しています。
当然、結婚=家庭=子供、という図式が一般的な考え方なので、
初婚で子供がほしい男性は、20代~30代前半の女性を探します。

その場合、女性は年齢限定が、男性は収入限定が、なんてこともあります。

逆に、大人の女性と落ち着いた関係を築きたい男性と、
年下の男性と素敵な恋がしたい女性のためのパーティーでは、
男性は20代、女性は30代なんて分け方もします。

求める相手がいろいろなので、パーティーの趣旨もいろいろです。
自分が結婚に求めるものが何なのか、
その考え方と同じような趣旨のパーティーを選ぶといいと思います。

■男性は30代後半の女性をどう見ている?結婚対象?

先程も言いましたが、
「結婚=家庭=子供」の図式を持っている男性は、
30代後半や、40代以上の女性を結婚相手には見ないかもしれません。

 

かと思えば、30代後半以上の女性の方がいいという場合もあります。
それぞれ、どういう条件で対象になったりならなかったりするのでしょうか。

30代後半女性が対象となる男性の多くは、
バツイチ子持ち、子供は欲しくない、などの男性です。
自分のためのパートナー探しなので、年代は近いかあまり気にしません。

逆に、対象外になりやすい条件というのが、
「結婚生活」に育児が含まれていて出産を望むのであれば、
30代前半の女性に比べると、ぐっと難しくなるでしょう。

子供はどちらでもいい、まずは自分のパートナーを探したい、
と言った希望の男性からすると、
30代後半の女性は、自立をしていて、世間をしっている。
まさに、理想のパートナーとなりうる相手として見てもらえます。

若すぎたり、社会を知らなすぎる年代の女性は、
結婚後、男性に理想を求めます。

20代や30代前半のまだ体力の十分あるうちは、
そんな相手の理想も叶えようとする気力もありますが、
40代をすぎると、そうも言っていられないのが現実です。

そこで、同じように社会を経験してきた女性に、
同意を求めてしまうのかもしれません。

■年齢よりもきにしなくてはいけないこと

たしかに年齢がいくと、婚活しにくくはなりますが、
それよりも気にしなくては行けないことがあります。

 

それは、生活リズムです。

社会に出て、それなりに仕事をこなし生活も安定した。
気ままな一人暮らしで、時間とお金を自分一人のために使ってきた。

そんな30代後半の女性が陥る失敗は、
長年の生活リズムから脱出できないことです。

婚活パーティーでうまくいってカップルになれた。
いざお付き合いをはじめて見たら、お互い仕事でなかなか会えない。

この人とは合わなかったんだとお断りを入れて、
また、次の人を探しに行く。

自分の生活リズムのなかに、いままでいなかった人がいる。
でもリズム通りに生活をしていたら、その人はないがしろになっていた。

一人での生活が長いと、それを崩すのはとても苦労します。
ましてや自立してやってこれたものを壊すのですから、
無意識に拒絶もしてしまうでしょう。

会社で成功している女性ほど、婚活がなかなか進まない理由の一つが、
この「生活リズム」なんです。

いままでのリズムに固執せず、
いつでも柔軟に対応できる心構えが大切です。

■30代後半限定のパーティーで好印象を残すには

年代の限定がシビアになれば、その分候補も絞られますが、
それは、相手からも同じ条件です。

 

30代後半女子の集まるパーティーの中で注目されるには、
ずばり、30代前半の活力です。

古臭い言い方をすれば、
世間の酸いも甘いもしっているのが30代後半からの女性。

そんな世間の通りを知っている女性が、
見た目や行動力が実際より若かったらどうですか?

男性よりも女性のほうが先に筋力は低下します。
筋力の低下は、やる気の低下につながります。
だって、体を動かすことが億劫になるんだから仕方ありません。

そんな女性が増えるなか、元気ハツラツな笑顔の女性がいたらどうでしょう。
容姿に関係なく、誰の目にもとまると思いませんか?

背筋を伸ばして、明るい笑顔で快活そうにしている。
それだけで、男性からは注目されると思いますよ。

■婚活パーティー、お見合い、サークル、結婚相談所、どれが一番あっている?

結婚相手を探そうとすると、その手段はいろいろです。
では、どの方法が一番いい相手を見つけられるのか。

 

それは、人によって違います。

というのも、それぞれメリットデメリットが有り、
それを利用する人たちの性格や、望むものとマッチしていないと
うまく機能しないからです。

簡単に言うと、

婚活パーティーは、出会いを求める場所
お見合いは、一対一で結婚相手にふさわしいか確認する
サークルは、出会いの中でもお友達から始める要素が強い
結婚相談所は、結婚相手を探す場所

このように別れます。
この中でもさらに細かくなりますが、
大雑把にわけてもこれだけの特徴があるのです。

もし、すぐにでも結婚をしたい。
いい人がいれば、結婚を前提に話を進めていきたい。
そう思ってる人がサークルで相手を探すのは、あまりに遠回りです。

逆に、将来的に結婚はしたいが、まずは出会いがほしい。
そんな人が結婚相談所にいっても、からかい半分かと思われてしまいます。

自分が何を求めているのかによって、
どこを利用するのか考えないと、とんでもない誤解を生むかもしれません。

■真剣に結婚相手を見つけたい

出会いは、結婚を前提に。
タイミングさえ合えばすぐにでも結婚したい。

 

そんな結婚に強い思いを抱いているなら、
使用するのは、結婚相談所が一番です。

ご自身のパーソナル診断や、お相手に求めるものなど、
条件や希望を考慮の上、マッチングのプロが最良の相手を見つけてくれます。

また、お見合い形式の顔合わせは緊張するという方には、
結婚相談所が主催する、婚活パーティーもあります。

結婚相談所が主催しているので、参加者はみな結婚相手を探しています。
ほかの婚活パーティーのように、とりあえずの出会いとは、
お互いの真剣さがまるで違います。

また、真剣に結婚相手を探すのであれば、
結婚後の自分の今の生活の変化を想定する必要があります。

結婚後も仕事を続けたい。
結婚後は、家庭に入って専業主婦として家にいたい。
この2つをとっても、お相手に望むものが真逆です。

結婚後の自分の希望や、夫婦になった時に考えられることで、
確認をしておきたいことは、予め念頭においておいたほうがいいでしょう。

■婚活パーティーではすぐに結婚できないの?

必ずしも、すぐに結婚に結びつかないわけではありません。
30代後半以上の人たちの婚活パーティーで言えば、特にです。

 

20代は、まだ将来のビジョンに結婚があればいいいという、
どちらかというと、出会いに重きをおいています。

それが30代後半になると、それなりの人付き合いもしてきた、
それでもいい出会いに恵まれずに来てしまったので、
より結婚を現実的に感じている方が多いのです。

なので、もし真剣に結婚を考えた上で、婚活パーティーに参加するならば、
30代以上を対象としたパーティーに参加するほうが
結婚へとつながる可能性は高いと思います。

また、少人数のパーティーの場合、
一人づつと話をする時間が持てるので、じっくりと話すことができます。
そのため、カップルになれた場合は、発展する可能性も高くなります。

出会いをきっかけに、その先に結婚を持ってくるのか、
はじめから結婚に絞ってパートナー選びをするのか、
方法によって、参加するパーティーの種類もいろいろなのです。

■婚活の場って、どんなものがあるの?

ご自身にあったものを選びましょうといいましたが、
では、どんな種類があるのでしょう。
種類と特徴をご説明しましょう。

 

・大人数の婚活パーティー
回転寿司型とも言われ、一度のたくさんの出会いがあります。
一人づつの紹介の時間が不十分なので、
積極的な人や、アピール上手な社交的な人向きです。

・少人数の婚活パーティー
合コン型とお見合い型があり、合コン型はその名の通り、
男女で6~10人くらいの小規模なもの。
お見合い型は、個室に女性が待機していて、
男性はそのブースを一定時間ごとに回って会話をする。
人数がすくないので、それぞれじっくりと話ができます。

・サークル婚活
釣り・陶芸・ウィンタースポーツなど、
共通の趣味を通じて交流を深めましょうというもの。
例えば、興味があるけどやったことがなかった女性が、
それを趣味にしている男性から手ほどきを受けながらの婚活。

目的地が遠かったり、泊まりがけでの企画もあり、
その目的地につくまでの移動手段の中で打ち解けていき、
現地につく頃には、仲間意識が芽生えていたり、
親密になる良いきっかけになるようです。

・結婚相談所
結婚相手を探す場所として、昔からのやり方。
いまでは、SNSなどを使い、ネット婚活やチャット婚活など、
多彩な方法で、マッチングをしてくれます。

自分の希望に合う婚活が出来る場所を選んで、
楽しみながら、良縁をつかめるようがんばりましょう。