人見知りのせいでなかなかカップルになれない 婚活パーティでうまくいく方法って?

■履歴書(データ)勝ち、面接勝ち(対面)勝ちできない私が婚活パーティーでどう振る舞うか?

就職活動において、一次審査の書類審査、二次審査の面接は、
上手な人と下手な人が分かれます。

 

上手な人はどこを受けてもたいてい最終面接まで残る。
ダメな人は、面接すらしてもらえない。

この違い、婚活でもはっきりと明暗別れる部分です。
何が違うのでしょうか。

・書類審査がダメな人
字が汚い、乱雑なものは論外です。
ありきたりなものしか書かれていない。(趣味が読書だけなど)
空欄が目立つ(アピール力がないと興味を持ってもらえない)

・書類審査に受かる人
字が上手い下手ではなく、丁寧に書かれている。
よりわかりやすく、かつ端的に紹介されている。
全体を通して、同じようなボリュームで書かれていて、バランスがいい。

これは、婚活におけるプロフィールカードに匹敵する内容です。

空欄が目立ったり、字が乱雑だと見ただけで読む気がなくなります。
全体的にバランスのとれた丁寧な書き方をされていたら、
読んでみようという気にはなりますよね。

・面接で落ちる人
質問に的はずれな答えを出す人や、答えがありきたりな人は、
自分の考えが見えてこないので話す気がなくなります。

・面接に受かる人
突拍子もない質問にもきちんと答えられる。
将来ビジョンを聞いたら独自の目標を持っていることがわかる。

きちんと自分の考えを言葉に表すことが出来る人は、
仕事においても婚活においても、とても有利です。

どちらにしても、人と人との対話で成り立つものなので、
その関係を築けない人とは、今後の付き合いもないということになります。

もし就職試験でこのような失敗を続けていて、
その原因を根本的に改善していないのだとしたら、
婚活においてもやはり失敗が続くと覚悟が必要かもしれません。

■プロフィールカードの書き方

つまり、1次審査に通るためには、ということですね。

 

・丁寧に書く
・見やすいように全体のバランスを考える
・空欄を作らない
・見てほしいポイントを絞る

大まかなところでは、以上のような注意が必要です。

丁寧に見やすくは基本です。
カードを見た時に、字がたくさんあるところとないところだと、
ない方から読まれてしまうことがあります。

全体のバランスを考え、読みやすい書き方だと、
内容の前に見ただけで好印象を得ることができます。

空欄があったり、逆にどこかしこもぎっしり書かれていると、
見る気がなくなってしまうものです。

自己紹介の時間はわずかです。
その中でカードを見て、話をすると考えると、
どの欄も1~2行程度で簡潔に、わかりやすくないといけません。

そしてその中で、相手が食いついてきそうなポイントを
ところどころに入れておくと、会話のきっかけにも印象にも残りやすいでしょう。

■自己紹介タイムの過ごし方

わずか数分で終わってしまう自己紹介タイム。
印象に残るには、どうしたらいいのでしょうか。

 

・声をかけるタイミング
・笑顔
・会話の内容を絞る

回転寿司方の場合、女性は着席していて、
目の前の男性が人席ずつずれて一周するというやり方です。

ぱっと目の間にきた男性が素敵だったら、
自己紹介が始まる前、着席する前に「こんにちは」と声をかけてみましょう。

連続で行うと特別感がないので、全体の数人にだけやってみるといいでしょう。

そして、つねに笑顔です。
固くぎこちない笑顔ではなく、自然な微笑みが出来るよう練習しておきましょう。

お互いのプロフィールカードを交換して、それを元に会話をするわけですが、
全部に目を通して、全部のことで質問するには時間がたりません。

どこを聞いてもらいたがっているか、ちょっと変わってるなと思う趣味など、
質問を2つくらいまでに絞ってきくと、
全体をぼんやり質問するより中身のある会話になり印象に残りやすいです。

カードにしても、自己紹介の時間にしても、
自分を知ってもらう、相手を知るためのものです。

それをいかにその相手にわかりやすい方法をとっているか、
相手の意図を汲めているかで与える印象が大きく違ってくるももです。

■攻め方を変える

もし、プロフィールカードと自己紹介タイムに自信がないなら、
参加する会場の種類を変えてみたらどうでしょうか。

 

この2点で好印象を勝ち取らなくては行けないのは、
その後のフリータイムにつながるからであって、
フリータイムのないパーティーに参加すればいいのではないでしょうか。

どんなパーティーがあるかというと、

・個室お見合いパーティー
・体験型パーティー

などがあります。

個室お見合いパーティーとは、個室や仕切りのある部屋で、
1対1で短時間のお見合いをするものです。

大体10分程度の時間があり、
時間がたつと男性のみ移動して次の個室へ行きます。

これだと他の人達が気にならず、
結局誰ともちゃんと話せなかったなんてことにもなりません。

体験型パーティーとは、
陶芸教室、スキー教室、料理教室など、
様々な体験を通して交流をしてもらおうというパーティーです。

趣味や興味のある教室を参加しているので、
共通点が見つけやすく打ち解けやすいのが特徴です。

特に結婚後も夫と家事は分担したいという希望を持っている方は、
ぜひこういった教室を体験して見てはいかがでしょうか。

家庭的な男性が集まる場所なので、
将来ビジョンがより明確になるかもしれません。

人には向き不向きがあります。
苦手を克服することも大事ですが、
自分にあった方法を選ぶのも時に重要な事だと思います。

■人見知りがちだけど受け身で婚活パーティーに行ったら撃沈した。

婚活パーティーとは、初対面の人間の集まりです。
よほど容姿に自信があって、街でもよくナンパされますという女性でない限り、
多少の積極性は必要不可欠です。

 

人見知りがちだから声をかけられない、
声をかけられないからただ待っているしかできない。

それではどんな縁もやってきてはくれません。

誰とでもすぐに仲良くなれとまでは言いませんが、
数十人といる中で、せめて数人にくらい話しかけられるようにならないと、
婚活で不利だけでなく、結婚後の生活でも苦労します。

解決法としては、

① ひたすら人になれる
② 小規模パーティーもしくはお見合いに切り替える

という方法があります。

① はすぐにどうにも出来ないので、いまはなにも解決しませんが、
結婚後のことを考えると、必要なことと言えます。

② に関しては、デメリットも有りますが、
活動する会場の種類や規模を変えるのも有効かと思います。

大規模な会場だと、人数が多い分出会いの数も多いですが、
人が多すぎて気後れしてしまいがちです。

小規模な会場だと、出会いの数は減りますが、
会場の雰囲気に圧倒されるということも少ないのではないでしょうか。

お見合いパーティーに至っては、個人対個人なので、
人見知りがどうとか言っている場合ではなく、
会話をしないと始まらないので、まずはこの辺りがいいかと思います。

■人見知りを直しておいたほうがいい理由

婚活で不利なだけでなく、結婚後の生活にも影響するといいました。
どうしてそんなことが起こるのでしょうか。

 

・結婚相手の家族親戚との関係
・結婚相手の友人たちとの関係
・結婚相手の会社の人たちとの関係
・住宅付近の地域交流
・子供を介した親の交流

ざっと上げただけでも、結婚後についてくる新しい関係がこんなにあります。
どれも、一切無関係という姿勢を貫くのは無理だというものばかりです。

結婚を望んで婚活をしているわけですから、
当然、結婚後についてまわる人間関係も承諾しなくてはいけません。

これらを円滑に行うためにも、
人見知りを治して、一定の距離感をもちつつ、
他人との空間を共存できるようになっておく必要があります。

■人見知りを克服する方法

もちろん婚活のためでもあり、その後の生活のためにもなります。
シャイで、自己主張が苦手なのは国民性ですが、
それで片付けて終わりにしないで、克服するよう努力してみましょう。

 

・初対面じゃないと思い込む
人間は単純で、初対面でも知人に似ていたりすると親近感を持つものです。
なので、初対面じゃないと思い込むだけでもだいぶ変わって来るのです。

もしくは、無理にでも似てそうな友人知人を思い浮かべると、
案外緊張がほぐれて、スムーズに会話が出来るかもしれません。

・人の目を気にしない
人にどう見られているか、自分の言動が相手に不快な思いをさせてないか、
考えすぎてしまって、結果話しかけられない人がいます。

例えばお店の店員さんにも話しかけられないという人もいますが、
接客業なので、いちいちお客さん個人をはっきり覚えている人はいません。
全ては自分の意識過剰から起こっていることなのです。

・自分を好きになる
他人に嫌われたくなくて話しかけられない人は、
自分で自分を好きになってみましょう。

自分の長所をあげて、それを大事にしてみましょう。
赤の他人がどう評価しようが、この自分が気に入っていると思えたら、
もう他人の目を気にする必要も怖気づく事もなくなります。

・話しかけられる人になる
人見知りで話しかけられないひとは、
話の輪に入るタイミングがわからないからできないのです。
ならば、話しかけられる人になりましょう。

自分は「人見知り」だと思っていたことが、他人からすると
「お高く止まってる」「一人が好き」と誤解されているかもしれません。
話しかけてもらえるような、優しい雰囲気づくりは大切です。

・グループ活動に参加する
個人が苦手な人も、集団の一人になれば仲間になれます。
初めは話しかけられなくても、顔を出すうちに仲間意識が芽生え、
だんだんと溶け込んでいくことができます。

この時に、嬉しさのあまり話しかけ過ぎないこと。
「聞き手」になることで、より交流が深まります。
聞き上手な人のまわりには、自然と人が集まるものです。

・自意識過剰を自覚する
自分が思うほど、他人は自分を深く見てはいません。
壇上でスピーチするとき、「緊張で顔が赤くて恥ずかしい」と思っても、
聞き手からすれば「頑張って話しているなぁ」くらいのものです。

自分がおもうほど、他人は自分を見ていない。
そう思うだけで、とっても心が軽くなると思います。

■婚活で大切なこと

結婚をして、幸せな家庭を築きたい。
そう思って婚活をされていると思います。

 

婚活は、自分が結婚相手を見つけるための活動と思われがちですが、
相手を見つけるということは、
常に自分以外の誰かを考慮しないといけないということです。

自分の希望ばかりを伝える。
自分の思いばかりを押し付ける。

これではうまく行きません。
相手の希望も、思いもきちんと受け止めなくてはいい関係は築けません。

結婚後も、夫婦が想い合ってこそ、生涯暮らしていくことが出来るのです。

相手の立場になって考える。
相手の目線で物事を見てみる。

お互いがお互いを思いやれる相手と巡りあうため、
今後も婚活を頑張ってみてください。