出会いの多さは定評だけど成婚率ってどうなの?オーネットって信用できるの?

■オーネットが公表している成婚率の真偽

たくさんの結婚相談所がありますが、
実は成婚率を公表しているところは意外と少ないんです。

 

オーネットもその一つです。

他社も含めなぜ公表しないのか、理由は大きく3つ。

・成婚率が低すぎて公表できない
・成婚率だけじゃなく、他のサービスに注目してほしいから
・実際の成婚率を算出するのは難しいから

ちなみにオーネットは、成婚率の講評こそしていませんが、
成婚実績として、会員同士・それ以外それぞれの成婚退会者数を発表しています。

なので、大体の会員数がわかれば自分で成婚率を計算することは可能です。

オーネットは、多彩なサービスやイベントも多く、
自社会員だけだと業界最大級の会員数です。

それだけ出会いも多く、お見合いは無料なので承認されやすい、
出会いのきっかけづくりが上手なオーネットが、
公表していないにしても、成婚率が悪いとは考えにくいでしょう。

どうしても成婚率の高いところをというのであれば、
他の公表している会社を候補にあげてみてください。

成婚率だけじゃない、他の面もみたトータルイメージで選ぶなら、
ぜひオーネットは候補にあげてみていいと思います。

■オーネットの特徴

結婚相談所探しで必ず候補に上がるオーネット。
その魅力はどこにあるのか調べてみました。

 

・入会前のお相手探しが無料で出来る
簡単なプロフィールや相手への希望を入力すると、
その希望に合う人が、現在の会員の中にいるかどうか診断してくれます。

完璧にマッチする人がいれば文句なし。
一部妥協が必要でも、概ね合格ならば検討の余地あり。
性別以外どこもマッチしないなら、入会の必要なし。

こんな風に、入会前に成婚の可能性を無料で知れるのは嬉しいですね。

・お見合い料が無料
通常だと、一回数千円から1万円以上のお見合い料が発生します。
そのため、よっぽど気に入った相手と出ないとお見合いが成立しません。

オーネットはとにかく合うことが大切ということで、
お見合い料は無料。

なので、ちょっと気になった人に気軽にお見合い依頼を出せます。
もちろん全て承認してくれるとは限りませんが、
承認率は、有料の場合に比べてはるかに高いでしょう。

・なんといっても会員数
4万人を超える自社会員を抱える結婚相談所は他にありません。
会員数が多いということは、それだけいろいろな人がいるということ。

当然自分の条件に合う人だっている可能性が高くなります。
自分を選んでくれる人だっている可能性が高まります。

データマッチング形式で相手を探す場合、
やはり人数の多さは強みですよね。

■オーネットが提供する出会いの機会

お見合い料を無料にする理由が、オーネットは出会いを大切にするから。
では、ほかにどのような出会いの機会を設けているのでしょうか。

 

・多彩なイベント・パーティーを主催
・会報誌での会員様の紹介
・毎月6名前後をコンピュータマッチングで紹介

イベント・パーティーは会員限定でおこなわれるため、
参加者が飽きないよう、毎回趣向を凝らした企画となっています。

過去のイベントとして、
フルコース体験「ワインにあうフランス料理」
スポーツイベント「フットサル」
料理イベント「豚まん、しゅうまいを作ってみよう」

パーティーとしては、
ホワイトデーパーティー
少人数制パーティー
ティーパーティーで楽しくおしゃべり

定期的なデータマッチングによるお相手の紹介も、
会員数が多いので、そうそう同じ人ばかりが候補に上がることもありません。

また会報誌は、オーネットの活動のカギを握るともいわれ、
大変重要度の高いものとなっています。

オーネットでは、イントロGという名前の会報誌が発行され、
毎月冊子が自宅に郵送されます。

データ・紹介に加え、この会報誌でも出会いを探すことができるので、
オーネットは出会いの場がほかよりも多く提供されているのです。

■イントロGの注目度

オーネットの活動の鍵を握ると言いましたが、
どれほど注目度の高いものなのでしょうか。

 

この会報誌に自分のデータが掲載されると、
それだけでお見合い申込件数が何十倍にも膨れ上がるほどの注目度。

この現象を会員の間では、インGバブルとよび、
会報誌によるモテ期の到来を意味します。

会報誌に乗れるのは、会員になった2ヶ月めの号から3ヶ月間。
この間のインGバブルの波にうまく乗れると、
あっという間にお相手が見つかってしまうというすぐれもの。

オーネットでもそれを狙って、
会員になってオーネットでの検索や婚活になれて、
自分一人では限界を感じ始めそうな頃での掲載をしてくれます。

出会いの数が減ってきそうなところを見計らっての掲載、
オーネットが出会いを大切にしていることがここでも感じ取れます。

あまりのことで勘違いして条件を上げて失敗してしまった人のために、
有料ではありますが、再掲載のオプションも用意してくれているあたり、
会報誌の影響力の高さが伺えます。

出会いの提供を第一に、そのための機会づくりが上手なオーネット。
最大級の会員数を誇るオーネットならではのやり方ですが、
一度入会を検討してみてもいいかもしれません。

■成婚料をとる結婚相談所の方がよいのか。

結婚がきまると発生する「成婚料」
これが結婚な額だったりしますよね。

 

そしてこの成婚料を摂るところと取らないところがあります。
このちがいって何かご存じですか?

まず、成婚料が発生するところというのは、
言ってしまえば利益の口がひとつ多いということです。

成婚料の発生しないところは、入会金と会費、有料オプションで
利益を算出していきます。

成婚料の発生するところは、
上記にもうひとつ利益の間口が増えるということ。

となれば、成婚料の発生するところは一組でも多く結婚してほしいもの。
そのためのサービスは、どんどん提供してくれるということです。

逆に成婚料の発生しないところは、
入会後は会費とオプション代が利益ですから、

うまくいかずに長く会員でいてくれたほうがいい、
もしくは、入会後の経費はあまり掛けたくないということになり、
アドバイザーやサービスの質は落ちてしまうと考えられます。

全ての成婚料が発生しない会社がそうだとはいいませんが、
単純にお金の流れを考えるとそういうことになってしまうのです。

「成婚料をとる結婚相談所のほうがいいのか」
基本的には、手厚いサポートが受けられると思っていいと思います。

■オーネットの悪い評判と良い評判一覧

では、成婚料が発生しない、それどころかお祝い金をくれる
オーネットの評判はどうでしょうか。

 

悪い評判
・掲示板でのやりとりが面倒
・会員検索が自宅でできない
・メールの料が膨大すぎる
・オプション代が高い
・アドバイザーが信用出来ない
・結婚への真剣味にかける

良い評判
・出会いの数が多い
・お見合い承諾率が高い
・面白いイベントがたくさん
・インGモテ期最高

やはり、出会いの数の多さは良い評価につながっているようです。
悪い評価のシステムに関しては、「楽天のくせに」という思いがあるようで、
かなりシビアに見られている傾向があります。

また、出会いを提供する場として活用する分には問題ないですが、
きちんと段取りを踏んだ婚活をしようとすると、
オプションが色々と発生して出費がかさむようですね。

■オーネットの使い方

結婚相談所といっても、そこによって色々と特色があります。
オーネットを有効に活用するには、どうしたらいいのでしょうか。

 

・入会後からのモテ期と言われる時期の出会いを大切に
・積極的に活動するやる気
・多少の恋愛スキルを身につける

このような人は、オーネットを最大限有効活用できそうです。

インGモテ期と言われる時期には、日に何十通ものメールが届きます。
それをさばくだけの労力を惜しまない人。

会報誌や、お見合い率の高さから、出会いの多さは業界一と言われています。
その量に圧倒されるようでは、オーネットではやっていけません。

また、申し込みが断られた、お見合いから続かないなどのとき、
気持ちを切り替えて次に行けるタフさも必要です。

気軽にお見合いできることから、
とりあえずあってみて考えようという人が多いです。

あってみて、なんか違うなと感じて断りが入る。
これをいちいち真に受けて落ち込んでいては、
せっかくの高いお見合い率ももったいないです。

気持ちを切り替えて、どんどん次に行きましょう。

■結婚相談所の選び方

結婚相談所の選び方として一番いいのは、
自分の婚活プランと一番近いところを選ぶことです。

 

成婚までの目標日数や、活動の内容、
サポートが必要なのか、独自でやりたいのかなど、自分の思う婚活を、
どこでなら無理なく出来るかを考えることが重要です。

今すぐに出会いさえあれば結婚したい。
婚活の何を始めたらいいのかさっぱりわからない。
ぐちゃぐちゃ口出しされたくない。

自分なりの婚活のやり方があるはずです。
その方法に合うところを選ばないと、
高い入会金を払って活動できないなんてことになってしまいます。

今すぐ結婚したい、短期決戦で挑みたいという方は、
成婚1年以内を目指している結婚相談所がいいでしょう。

婚活初心者で何もわかりませんという方なら、
アドバイザーのサポートが手厚い結婚相談所を選んで、
細かいところまできちんと教えてもらいながら活動するといいでしょう。

口出し無用、自分のやり方を通すという人は、
データの提供だけで、基本的にサポートはないといったところ、
ネット婚活などに強い結婚相談所がいいと思います。

どこも無料で資料を送ってくれます。
気になったところの資料を取り寄せて読んでみる。

読んでみてもっと知りたいと思ったところに、
来店の予約を入れてみる。

実際に来店して、相談所で働く人たちの雰囲気や、
出入りしている会員さんの様子などを観察してみる。

成婚率や口コミも選択の参考にはなるでしょうが、
最終的には、来店して無料の診断や説明を聞いてみる。
自分の目で見て、耳で聞いたことを信用して選ぶのが最善だと思います。

結婚相談所は高い!というのは昔の話です・・

婚活パーティーで惨敗しまくっていた私‥
効率がわるいとおもって相談所に切り替えてみました。



でも結婚相談所って結構お金が高いイメージですよね?
私も躊躇しましたよそりゃ。・・

でも私が入会したenの婚活は入会金は約1万円で月額料金も1万ちょっとなので10万以上払う他の相談所に比べたらぜんぜん良心的でした♪




費用比較はこんな感じです。



en婚活って聞かないけど怪しいとこでは?
と思ったのですが(失礼ですいません・・)
東証JASDAQに上場しているエン・ジャパングループの企業だったのですね。




>>待っているだけで毎月6名以上のご紹介!「エン婚活」



怪しい個人の相談所に入って苦労したという友人がいたので、ちゃんとした会社でよかったな~と感じた次第です。



あとこれいいな~と私が特に感じたのはコネクトシップ






これはなにかというとお互いの会員の相互紹介というイメージ。
他の相談所の方にもアプローチをできる、アプローチされることができます!




その中にはな、なんとあの「パートナーエージェント」さんもいるではないですか~!



■コネクトシップ利用事業者一覧


パートナーエージェント

・マリックス

・日本仲人連盟

・ゼクシィ縁結びカウンター(※2017年下期利用開始予定)

・OTOCON MEMBERS 婚活カウンター

・日本結婚相談協会

・エン婚活

・Yahoo!婚活コンシェル プラン

・エキサイト結婚相談所 powered by PARTNER AGENT

・ichie(いちえ)※ベネフィットステーション会員専用オンライン結婚相談所


パートナーエージェント」というと、例の、あの、ちょっとお高い感じですよね(汗)


でもen婚活はリーズナブルな料金でパートナーエージェント会員の方も紹介していただけるという太っ腹ぶり。
もうすぐ、入会しちゃいましたよ(笑)


ぜひあなたもen婚活のサイトをのぞいてみることをおすすめします!



>>最後の婚活に「エン婚活」









エン婚活