婚活パーティーもたくさんありますが 30代女子が行くならどこがいい?

■初めての婚活パーティー。30代女子に向いているのは個室。

30代になり、このままでは結婚できないかも?と焦り始め、
婚活を決意したものの、何から始めたらいいのか。
どんなことをしたらいいのか。

 

そんな悩みをかかえている婚活初心者のかたは、
まずは、個室パーティーを体験してみましょう。

・個室パーティーの特徴
個室やボックス席、衝立などで仕切られた空間に、
男女一人ずつ着席して、プロフィールカードをもとに、
会話を進めていく。

・個室パーティーのメリット
個室や衝立などで仕切られているので、
他の参加者どうしが見えないようになっている。
そのため、他を気にせずゆっくり落ち着いて話ができる。

通常の婚活パーティーは見た目の印象に残ることも重要になるが、
個室の場合、ゆっくりと会話をする時間があるため、
互いの内面を見せ合うことができて、
アピールベタな人でも、印象を残すことが出来る。

個室パーティーのほうが、細かな条件指定をしているものがおおい。
そのため、自分の希望とよりマッチした男性を探しやすい。

このように、個室パーティーの最大の特徴である「仕切り」
他の参加者の目に触れることなくお相手と話が出来る空間。

とくに初めての婚活で緊張しているのであれば、
たくさんの人のに見られながらよりも、
まずは婚活を知るためにも、個室パーティーをおすすめします。

■30代女子の現状

はっきり言って、30代女子の婚活市場は飽和状態です。
30代女子が結婚できる率が、わずか2%とも言われています。

 

そんな厳しい30代女性が歩んできた軌跡です。
人事だと思わずに、自分と重ねてみてください。

20代
「そのうち結婚するわよ」
30歳
「いい人がいたらね」
31歳
「なかなか出会いがなくて」
32歳
「合コンとかいってみようかな」
33歳
「なかなかいい人とであえないなぁ」(ちょっと焦り気味)
34歳
「えー○○結婚!?よかったね」(内心動揺の嵐)
35歳以上
「婚活するか!」「なんかぜんぜんうまくいかない」

30代も後半になってやっと重い腰が上がったとして、
果たして思うように婚活出来るでしょうか。

現実はなかなかうまくは行きません。
35歳が男性からのタイムリミットとも言える年齢なのです。

理由は後ほど説明しますが、
このような流れで婚活に辿り着いた30代女性は、
男性に何を求めるのか。

「年収」「ルックス」「学歴」「性格」
全ての希望を叶えられる男性が婚活をしているとは思えません。

しかし30代の女性がそれらの希望を最もつよく持つようです。

20代は、「ルックス」「フィーリング」
40、50代は、「定職」「性格」
他の世代の希望と比べると、高望みしていることがわかります。

「男性なら・・」まで希望を下げる必要はありませんが、
もう少し現実的なラインまで、希望も下げたほうがいいでしょう。

■35歳がタイムリミットの理由

先ほど、35歳が女性のタイムリミットだと男性が見ているといいました。
それは、女性の体の仕組みに関係しています。

 

女性は20代から30歳までくらいで、一度出産を経験しておいたほうが
いいと言われています。

それは、出産に耐えられる体力の問題や、
その後の育児への負担を考えた結果でもありますが、
卵子の老化に伴う、胎児の危険度の問題があります。

お腹にいる時から、女の子の体では、卵子が作られています。
それが閉経まで、貯蓄した卵子を使って妊娠します。

当然卵子も老化するので、20代の若い卵子の方が、
40代近い卵子より健康なのは明らかです。

そのため、35歳以降の初産を高齢出産として、
特別なケアや、念入りな経過観察が必要となります。

また、高齢出産で生まれた子供の障害発生率は、
通常出産よりもはるかに高くなることがわかっています。

こういった事実は当然男性も知っていることです。
なので、男性側も結婚相手はなるべく20代を、
もしくは、30歳前後の女性を探そうとするのです。

■30代の婚活方法

30代は、飽和状態だといいました。
その中から少しでも早く脱出するためには、
1日でも早い結婚しかありません。

 

では、効率よく婚活するには、どうしたらいいのでしょうか。

・理想を見直す
・自分を見直す
・相手を見直す

30代の女性は、今までの会社での立場や年齢的なものもあって、
素直に受け入れることに多少の抵抗がある場合が多いですが、
この3つ関しては、素直になってください。

・理想を見直す
そもそもの理想が高すぎませんか?
平均年収600万だから、それくらいの年収があればいいわ。

これは、現実的な数字ではありません。
平均的な年収の男性は、平均的な結婚適齢期に平均的に結婚しているので、
少数派が集まる婚活市場にいるわけがないんです。

イケメンじゃなくていいといっていても、ブサイクは嫌だといいます。
ですが、平均的な人は残っていないことを考えたら、どうなるかわかりますね。

まず、掲げている理想が「婚活」というフィールド上の現実をマッチしてるか
もう一度見なおしてみてください。

・自分を見直す
いままで一人で生活してきて、会社でもそれなりの仕事をこなしてきた。
そんな私に見合う男じゃないと。
という考えは捨てましょう。

結婚相手を探している男性は、一緒に家庭を築ける人を探しています。
会社での地位なんて聞いていません。
むしろ会社で入れたお茶が大好評な人を選びます。

自分のセールスポイントが婚活の趣旨とあっているか見直しましょう。

・相手を見直す
プロフィールカードをさらっと見て、興味がないわ、と気にしてこなかった。
これも立派な出会いなのだと、真剣に受け止めましょう。

紙の上でわかることなんて、大したことはわかりません。
まずはお互い会話をして、目や耳でもお相手をきちんと確認しましょう。

そうすると案外声が心地いい、話すペースが自分と合うなど、
新たな発見があるかもしれません。

まずは、偏見を持たずに素直に受け入れてみてください。
その素直さが、男性が女性に求めるとても重要なものなんです。

■婚活パーティーでの服装。話題について

婚活パーティーで印象に残るために、派手な色の服を着たり、
髪型を盛ってみたりするのはやめましょう。

 

婚活パーティーとはいえ、大勢が集まる会場ですから、
大衆マナーというものがあります。

まず服装です。

女性は淡い色合いのワンピースがおすすめです。
もしくは、ネイビーなどは日本人の肌色によく合います。
ダラっとしないように、細めのベルトでアクセントをつけるなど、
アクセサリーはあまりつけすぎず、ポイント程度に控えます。

パンツスタイルでもいいですが、やはりスカートのほうが、
男性ウケはいいようです。

また、あまりレースフリフリの女の子っぽいものよりも、
30代だと、清楚な感じの中に、ちょっとリボンだったり、
キラキラしたものがあるくらいの、キュートさがあるといいようです。

会話に関してです。

自分を知ってもらおうと、頑張って話すよりも、
相手の話をじっくり聞いてあげたほうが好印象を残せます。

特に仕事のことなどは、興味を持って話を聞いて、
ところどころで褒めてあげると、好感度がぐっと上がるでしょう。

プロフィールカードの中で、「ここ触れて欲しいのかな?」と思うような、
ちょっと具体的な表現だったり、マニアックな趣味などを見つけたら、
すかさずそこに触れてみましょう。

きちんとカードに目を通してくれたんだなといい印象を残せます。

また、フリータイムの時、女性は男性が来てくれるのを待っていますが、
気になる男性には、女性からも話しかけていくといいでしょう。

男性にとっては、女性から来てくれるのが一つのステイタスになるので、
カップルになれる可能性は高くなります。

■カップルになるためには?

婚活パーティーへ、一度や二度参加したくらいでカップルになれるとは
思わないほうがいいでしょう。

 

すぐに見つかる運の良い人もいますが、
大抵の人は、いくつかのステップを踏んで、時間をかけるものです。

そのステップをご紹介します。

まず、いろいろな種類のパーティーに参加して、
自分にあったスタイルを見つける。

大人数の中から、積極的に出会いを求めて行くのがいいのか、
お見合い形式で、個人とじっくり話をするのがいいのか、などです。

見つかったら、今度はそこでどのように好印象を残すか考える。
自分のセールスポイントをきちんと抑えることも必要です。

また、お相手に望む必要最低限のことも決めたほうがいいでしょう。

年収1000万以上がいいとか、外交官がいいとか、
現実離れした妄想ではなく、
ギャンブルをやらない、たばこを吸わないなどの条件のことです。

条件が決まれば、あとはひたすらパーティーに参加して、
いい人と巡り会えるまで頑張りましょう。

もし、どんなに頑張ってもうまく行かず、
どうしたら良いかわからなくなってしまったら、
結婚相談所を利用するのもいいでしょう。

結婚相談所は、その人の希望を聞いて、いい人を紹介してくれます。
また、行き詰まっている原因を一緒に探して解決してくれたり、
どうすればうまくいくのか、コツを教えてくれたりもします。

とにかく、高望みをせずに誠実に出会いを見つめていけば、
きっとカップルになれる日は訪れると思います。

■カップルになれた後は

婚活パーティーでなんとか無事にカップルになることが出来ました。
これで終わりではないんです。

 

婚活パーティーの最終目標は「結婚」です。
カップルになれたのは、結婚相手の候補が一人できたということです。

この後、何が待っているのか、
どんなことに気をつけないと行けないのでしょうか。

まず、カップルになれたからといって、交際が始まったわけではありません。
互いの印象が良かったので、また会いたいですね、とお互い思っただけです。

なので、カップル成立後は、なるべく日をあけずに次の約束をしましょう。
何度かあって、お互いのことを更な詳しく知った上で、
お付き合いしたいのか、やっぱり合いそうにないのか判断になります。

ここで、今後も会いたいとなれば交際スタートとなるわけです。

ここからの流れでもわかるように、
カップル成立したから、彼氏彼女ではありません。

それを勘違いして、急に馴れ馴れしくなったり、
彼女面して相手を束縛するようなことをすると、
関係が始まる前に終わってしまいます。

あくまで会場内で印象の良かった者同士というだけのことです。
その後の進展に関しては、
二人が連絡を取り合って発展させていくしかありません。

このことは、特に注意しておいたほうが良い点です。
勘違いして相手が逃げてしまっては、元も子もなくなります。

■カップルになれなくてもまだわからない

カップルになれた人たちは、その後二人でどこかへ行きますよね。
では、なれなかった人たちはどうなるのか。

 

当然、大半は一人とぼとぼと帰ることになるんですが、
たまに残念会を開く流れになることも。

残念会とは、カップル未成立の人たちの二次会のようなものです。
グループでいくいこともあれば、第二第三候補者同士で行くことも。

この残念会が案外いい出会いを運んでくれることがあるんです。

婚活会場はみなさんやる気に燃えているので、
多少の緊張や見栄もありますよね。

でも一度出会って、しかもお互いカップル不成立という立場同士、
仲間意識が芽生えかけているんです。

そこで、このまま帰るのも寂しいんで、ちょっとお茶でも・・
と二次会のお誘いがあったりするんです。

もし会場でいい雰囲気になった人がいたら、
女性の方からお声がけしてみるのもありかもしれませんよ。

結婚相談所は高い!というのは昔の話です・・

婚活パーティーで惨敗しまくっていた私‥
効率がわるいとおもって相談所に切り替えてみました。



でも結婚相談所って結構お金が高いイメージですよね?
私も躊躇しましたよそりゃ。・・

でも私が入会したenの婚活は入会金は約1万円で月額料金も1万ちょっとなので10万以上払う他の相談所に比べたらぜんぜん良心的でした♪




費用比較はこんな感じです。



en婚活って聞かないけど怪しいとこでは?
と思ったのですが(失礼ですいません・・)
東証JASDAQに上場しているエン・ジャパングループの企業だったのですね。




>>待っているだけで毎月6名以上のご紹介!「エン婚活」



怪しい個人の相談所に入って苦労したという友人がいたので、ちゃんとした会社でよかったな~と感じた次第です。



あとこれいいな~と私が特に感じたのはコネクトシップ






これはなにかというとお互いの会員の相互紹介というイメージ。
他の相談所の方にもアプローチをできる、アプローチされることができます!




その中にはな、なんとあの「パートナーエージェント」さんもいるではないですか~!



■コネクトシップ利用事業者一覧


パートナーエージェント

・マリックス

・日本仲人連盟

・ゼクシィ縁結びカウンター(※2017年下期利用開始予定)

・OTOCON MEMBERS 婚活カウンター

・日本結婚相談協会

・エン婚活

・Yahoo!婚活コンシェル プラン

・エキサイト結婚相談所 powered by PARTNER AGENT

・ichie(いちえ)※ベネフィットステーション会員専用オンライン結婚相談所


パートナーエージェント」というと、例の、あの、ちょっとお高い感じですよね(汗)


でもen婚活はリーズナブルな料金でパートナーエージェント会員の方も紹介していただけるという太っ腹ぶり。
もうすぐ、入会しちゃいましたよ(笑)


ぜひあなたもen婚活のサイトをのぞいてみることをおすすめします!



>>最後の婚活に「エン婚活」









エン婚活