東京で30代の同世代が集まるお見合いパーティーってあるの?

■30代後半なので30代お見合いパーティーで浮いてしまわないか心配

30歳から39歳までが30代と考えると、
30歳そこそこの人たちばかりの中に、
38歳がひとりだけいたら浮いた気になりますよね。

 

もし心配ならば、
30代後半を対象としたパーティーに参加してみてはいかがでしょうか。

普段ならあまり気にならないことかもしれませんが、
こと婚活において、30代の前半と後半では大きく違います。

32歳の平凡な女性と、38歳の美人だったら、
32歳の平凡な女性のほうが人気が高いのが婚活です。

30代は婚活の参加人数が多い世代でもあるので、
参加者がより婚活しやすいように、かなり細分化されています。

もちろん30代の前半、後半での限定パーティーもあります。
30代後半なら、思い切って40代前後のパーティーに参加、
なんていうこともありです。

その場合、当初の自分が年上で浮いてしまわないかという心配はなく、
むしろ逆の立場になれて、成功率があがるかもしれません。

年齢を心配しているのなら、
その心配をしなくてすむ会場を探して参加してみてください。

■具体例)東京、30代の婚活パーティー一覧

このようなワードでネット検索すると、
たくさんの会場や会社名が上がってきます。

 

特に人気で検索上位に上がってくるものを紹介しましょう。

・PARTY☆PARTY
参加費用がお手軽で、参加人数の男女差が2名以内に調整されます。
参加パーティーへのこだわり条件が細かく設定できるのも魅力です。

・ホワイトキー
スタッフの対応がとても親切で、初心者に人気の会社です。
カジュアルなパーティーから、スタンダードな大人数パーティーまで、
一般的なパーティーを一通り体験できます。

・オトコン
開催地が、新宿・銀座・有楽町のおしゃれなカフェやレストラン。
有名な結婚相談所「パートナーエージェント」が主催。、
15対15の小規模な物が多く、落ち着いた雰囲気がいいならここです。

・エクシオ
婚活パーティーで一番有名なパーティーです。
とても個性的な企画をすることでも有名で、
クッキングパーティー、バスツアーパーティーなどあります。

どこも検索するとすぐに出てくる有名ドコロばかりです。
それぞれのホームページでどんな企画パーティーがあるか、
会場を選んだり条件を入力して、ネットから予約できます。

迷っているなら、まずこの中なら選んでみてはいかがでしょうか。

■初心者のためのお見合いパーティーの選び方

どこも同じでしょ、と思いながら、あまりの数の多さに
どこを選べばいいのか分からないこと、ありますよね。

 

手始めは、どんなところがいいのか、
ポイントをご紹介いたしましょう。

・ほどよい人数で
少なすぎると、緊張してしまってどう話したらいいかわからない。
かといって、多すぎると忙しすぎてわけが分からない。
まず、婚活パーティーやお見合いパーティーになれるためにも、
男女合わせて50名以下のものから参加するといいでしょう。

・身近な場所で
周囲に知られるのが嫌だからと、遠くの会場を選ぶ方がいますが、
もしそこでカップルになれたとして、その後どうしますか?
中途半端な距離感がネックになってきたりしませんか?

そういった自体を避けるためにも、なるべく身近な、
自分の生活圏内の会場を選んだほうがいいでしょう。

・希望はなるべく優先させて
自分を選んでくれるかわからないのに、自分からふるいに掛けるなんて、
と思ってませんか?
しかし、ギャンブルをする方は遠慮したい、
喘息持ちだから喫煙者は無理など、どうしてもというところがありますよね。

これは、自分にとっての最低ラインを決めることであって、
決して相手を下に見るような好意ではないんです。

■パーティーで好印象をのこすには

たった数時間一緒に過ごしただけの相手に、
自分の内面的なものを理解してもらおうと思っても無理な話です。

 

でも、そこを知ってもらわないと結婚はできないですよね。
どうしたらいいのでしょうか。

それは、好印象を残して少しでも次につなげることです。
どうすれば、好印象を残せるのでしょうか。

・明るく朗らか でもうるさくない女性
初対面はだれでも緊張するものです。
そこで、笑顔の女性が話しかけてきてくれたらそれだけで好印象ですね。
でもあまりに甲高く話したり、スキンシップが激しいのは、
うるさがられてしまうので、程よい距離感が大事です。

・派手じゃなくでもシンプル過ぎない
派手でけばけばしいのは論外ですが、
ナチュラルを気にかけすぎて、シンプルすぎるのもまた華がありません。

柔らかな素材のワンピースやスカートに、
少し色意味のあるリップとグロスで、女性らしさをアピールしましょう。

・やっぱり家庭的な人
その場に自分の作ったものを持ってくるまではないですが、
家事は全く出来ませんでは、話になりません。

やはり結婚相手には、家庭的な部分を求めるものですから、
苦手ならば苦手なりに、克服する努力をする姿勢がたいせつです。

このように、美人が圧倒的に有利な合コンとは違い、
攻め方によっては、いくらでもやり方があるのが婚活です。

自分なりの武器を手に入れて、
自分らしい婚活を頑張って見てください。

■30代。なるべく同世代と付き合いたい!

ジェネレーションギャップという言葉がありますね。
世代が違うために起こる溝を指しますが、
このギャップを楽しむ人もいれば、ない方がいい人もいます。

 

同世代同士だと、時代の音楽や流行が同じ、ニュースが同じ、
いろいろと共通点があります。
それによる価値観も、大差ない事が多いですね。

そう考えると、同年代同士の付き合いは楽だと言えます。
では、同年代と付き合うにはどうするのか。

生まれ年限定のパーティーというのがあります。

1980年生まれ限定の婚活パーティー。
昭和最後の年生まれ限定のお見合いパーティー。

こういった、生まれ年の限定パーティーがあるんです。
これなら確実に同世代と付き合えます。

また、歳の差5歳くらいを同世代とするなら、
30~35歳まで限定のパーティーや、
はやりの音楽で世代限定をしたパーティーなどもあります。

婚活パーティー主催の企業ホームページからも、
「同世代」が趣旨のパーティー開催情報があるので、
そちらもチェックしてみるといいと思います。

■同世代パーティーの注意点

同世代同士だからこその注意点があります。
幾つかあげるので、参考にしてみてください。

 

・タメ口はだめ
同世代同士だと、どうしても意気投合しやすくフランクになりがち。

でも、思わず出てしまった程度のタメ口なら相手も、
「楽しんでくれてるんだな」と思ってくれるでしょうが、
それを良くして、終始タメ口というのはやはりマナー違反。

いくら話が合うからといって、礼儀はわきまえましょう。

・強要しない
世代が同じだからといって、聞いていた音楽が同じ、
やっていた趣味が同じとは限りません。
育った環境によっても、見ていたテレビも日常も違います。

自分がこうだったからと、相手にもそれを強要し、
記憶違いや勘違いと決めつけるのはやめましょう。

・婚活だということを忘れない
社会にでると、いろいろな世代の人とかかわります。
久々に同世代の人と話が盛り上がったからといって、
本来の目的を忘れないようにしましょう。

あくまで婚活パーティーです。
楽しい仲間とワイワイ会食という場では無いですし、
お相手も出会いを求めて来ています。

友達感覚でパーティーを過ごさないように気をつけましょう。

■異世代の面白み

同世代同士は、なんとなくわかりあえて楽ですが、
異世代カップルは、その分かり合えないことが楽しいんです。

 

どういうことか説明しましょう。

・新たな発見
自分には縁のなかったものや事が、異世代の人の常識だったりします。
それを知ることで、経験をひとつ積み、人生がより豊かになります。

また、知らなかったことを知るよろこびは、
同世代同士ではなかなか経験できないことです。

・見方が変わる
経験が違う、常識が違うので、モノの見方も違います。
例えば腰パンや見せブラなどは、
おしゃれと思う世代と、恥だと思う世代がいます。

それぞれの世代同士の中では、意見が一つですが、
異世代交流の中で、互いの価値観を知り、見方の幅が広がります。

・子供にかえれる
これは、だいぶ世代の離れた同士の、しかも下の世代の人の特権ですが、
大人になると、恥ずかしさを知り、素直になれないことが多々あります。
しかし素直に受け入れていれば、ためになることが多くあるのも事実です。

そんなとき、年上の人から優しく諭される。
経験上、包容力もあるので、素直になりやすい。
小さな子どもに帰って、安心感を得られるというわけです。

結婚すると、忍耐力が必ず必要な時が来ます。
こんなとき、同世代同士だとぶつかりそうな問題も、
異世代カップルの場合、大事になりにくいという話もあります。

一方が受け入れ、もう一方が素直に甘えられるからなのかもしれません。

■なぜ同世代を希望する人が多いのか

同世代には同世代のメリットデメリットが。
異世代にも同様の言が言えます。

 

では、なぜ同世代を希望する人のほうが多いのでしょうか。

・同じような過去を過ごしてきたから
時代の流れが同じで、流行もその時起きていたことも互いに知っている。
大げさな言い方をすれば、時代の同士が同世代なんです。

ことさら日本人は、「同じ」を好む民族です。
なので、「同じ」時代を生きてきた同士を相手に選びたがるのです。

・ほぼ同じように年をとるから
過去が「同じ」ように、未来も「同じ」ように過ぎていきます。

大きく歳の離れたカップルには、どちらか一方が先に最後を迎え、
残された方は長い時間を一人で過ごします。

しかし同世代の相手なら、最後の時もさほど違いなくやってきて、
老いもお互いを見ながら同じように経験できます。
ここに時間の差が生まれにくいのが、同世代婚なんです。

どうせ一生を共に過ごすなら、最後まで一緒にいたい。
同じような経験を、二人で重ねていきたい。
そんなロマンチックな思いが心のどこかにあるのかもしれませんね。

結婚相談所は高い!というのは昔の話です・・

婚活パーティーで惨敗しまくっていた私‥
効率がわるいとおもって相談所に切り替えてみました。



でも結婚相談所って結構お金が高いイメージですよね?
私も躊躇しましたよそりゃ。・・

でも私が入会したenの婚活は入会金は約1万円で月額料金も1万ちょっとなので10万以上払う他の相談所に比べたらぜんぜん良心的でした♪




費用比較はこんな感じです。



en婚活って聞かないけど怪しいとこでは?
と思ったのですが(失礼ですいません・・)
東証JASDAQに上場しているエン・ジャパングループの企業だったのですね。




>>待っているだけで毎月6名以上のご紹介!「エン婚活」



怪しい個人の相談所に入って苦労したという友人がいたので、ちゃんとした会社でよかったな~と感じた次第です。



あとこれいいな~と私が特に感じたのはコネクトシップ






これはなにかというとお互いの会員の相互紹介というイメージ。
他の相談所の方にもアプローチをできる、アプローチされることができます!




その中にはな、なんとあの「パートナーエージェント」さんもいるではないですか~!



■コネクトシップ利用事業者一覧


パートナーエージェント

・マリックス

・日本仲人連盟

・ゼクシィ縁結びカウンター(※2017年下期利用開始予定)

・OTOCON MEMBERS 婚活カウンター

・日本結婚相談協会

・エン婚活

・Yahoo!婚活コンシェル プラン

・エキサイト結婚相談所 powered by PARTNER AGENT

・ichie(いちえ)※ベネフィットステーション会員専用オンライン結婚相談所


パートナーエージェント」というと、例の、あの、ちょっとお高い感じですよね(汗)


でもen婚活はリーズナブルな料金でパートナーエージェント会員の方も紹介していただけるという太っ腹ぶり。
もうすぐ、入会しちゃいましたよ(笑)


ぜひあなたもen婚活のサイトをのぞいてみることをおすすめします!



>>最後の婚活に「エン婚活」









エン婚活