東京で40代限定のお見合いパーティーってたくさんあるの?

■東京で40代前半未満の男性が多いパーティーはある?

結論から言えば「あります」
特に東京なら、選べるほどあります。

 

要するに、「アラフォー」の集まりということですよね。
そこは、婚活市場でも人数の多い層なので、結構出ると思います。

男性の年代別の婚活事情を紹介しましょう。

・20代
新社会人になり立てて、まだ結婚を考えるには早いかなと思っている。
どちらかと言うと、恋活重視。

・30代
そろそろ会社にも慣れて、生活基板を築こうと考えだす頃。
次の相手とでも結婚しようかなと、ふわっとしたビジョンを描き出す。

・40代
同僚との会社での地位の差などが目立ちだし、
家庭を持って、安定した生活、社会的ステータスを切望しだす。
婚活を本格化させるため、パーティーや相談所を利用しだす。

・50代
30、40代に婚活の波に乗り遅れてしまったため、子供は半分諦める。
代わりに、生涯のパートナー探しを始める。

このような心境の変化があるとされています。

ここからもわかるように、男性が本格的に婚活を始めるのは、
30代後半から40代のアラフォーとよばれる時期です。

それまでは、友人つながりや生活圏の中で自分なりに出会いを求めたが、
あまり成果がなく、恥を忍んでといった気持ちが働くようです。

なので、人口の集中している東京で、しかもアラフォー男子を探すなら、
パーティーや相談所を利用するのは、とても有効だということです。

■婚活においてアラフォ-男子をつかまえるには

アラフォー男子の希望は、

 

・30代前半
・初婚
・容姿よし
・器量よし

こんな女性です。
あなたがこのどれもクリアしているなら問題ないでしょう。
違うならば、個別に解決していきましょう。

・30代前半
この希望の裏には、「子供がほしい」という思いがあります。
35歳初産は「高齢出産」といって、母子ともに危険度が急激に増します。
それを知っているからか、30代前半の女性は人気です。

これをアラフォー女子の皆様は、どう解決すればいいのか。
「自分も子供がほしい、そのためにこんなことに気遣っている」
というアピールをしましょう。

実際の妊娠への影響力がどれほどかもわかりませんが、
体への気遣いは、将来夫へも向けてもらえるとプラスポイントになります。

・初婚
・容姿よし
これを気にして、話も聞かずにNoを出す男性は、願い下げです。
こちらからお断りしてやりましょう。

どんなに好条件の男性であっても、
この2点に執拗にこだわる男性は、見栄っ張りです。

他のいろいろな面でも、見栄を貼りたがると考えられるので、
結婚相手としては、不向きと考えていいでしょう。

・器量よし
気配りができる、笑顔に癒されるなど、
無意識でも、その人からにじみ出るものがあります。

男性は、結婚した家庭には「安心」「癒やし」を求めます。
家庭の雰囲気といのは、奥さんの影響が大変強く出るので、
結果女性に対して、こういった柔らかい女性らしい雰囲気を求めるのでしょう。

■婚活パーティーに参加している男性の特徴

アラフォー男子が婚活パーティーでお相手探しをする場合、
2つのタイプが考えられます。

 

タイプ1
同僚と飲み会感覚で参加

タイプ2
いい出会いがあれば・・まだ真剣味にかける

タイプ1の場合、サークルやコンパと同じノリで、
会社の同僚同士、気づいたら独身ばかりなので、ちょっと婚活してみる?
という、軽いノリでの参加者です。

この場合、カップルになれば交際は始まるかもしれませんが、
結婚までは、すぐにたどり着かないかもしれません。

タイプ2の場合、基本男性は「婚活してます」とアピールしたがりません。
なので、なるべく短時間で結婚を決めたいなら、
結婚相談所へ行くでしょう。

それを婚活パーティーに参加しているということは、
出会いはほしい、でもまだそこまで本気も出してない。
ということになり、やはり結婚までは時間が掛かりそうです。

■結婚相談所を利用している男性の特徴

上記とはちがい、結婚相談所へ相談に来ている男性のタイプは、

 

タイプ1
婚活パーティーでは出会いがなく、焦りが生じた

タイプ2
真剣に結婚を考えている

タイプ3
ある程度お金に余裕があるが無駄な時間は過ごしたくない

タイプ1の場合は、婚活パーティーやお見合いパーティーに参加しても、
なかなかカップルになれずにいる人が、
次の手段、最後の手段として利用することが多いです。

タイプ2とタイプ3は、結婚を真剣に考えているという点では同じです。
婚活パーティーのように、出会いを受けて交際を・・ではなく、
ダイレクトに結婚相手を探しに来ているわけですから、
決まれば話はトントン拍子に進むでしょう。

タイプ3に多いのが、社会的地位のある人です。
パーティーの参加費と相談所の費用を比べると、
以前より安くはなったというものの、明らかに相談所のほうが高いです。

まぁパーティーを何十回と参加すると考えたら、
どっちが安いかはわかりませんが、
一度に払う金額としては、相談所のほうが高いのは間違いありません。

パーティーなどには行かず、はじめから相談所にくるということは、
結婚に前向きで、かつ経済的な余裕のある人といえます。

パーティー参加者でも、高収入者限定パーティーがありますから、
一概にどちらがいいとはいいきれませんが、
それぞれ参加者の特徴というのは、覚えていてもいいかと思います。

■40代の婚活は結婚相談所がよい理由

結婚相談所が一番いいとはいえませんが、
婚活パーティーよりも相談所のほうがいい理由をご説明します。

 

・40代という年齢的な問題

これがなんといっても一番の理由ではないでしょうか。

20代後半から30代前半にかけて、女性は次々と結婚していきます。
それは、30代前半までに出産を経験しておくためでもあります。

30代後半での初産は高齢出産といわれ、母子ともに危険が高まります。
障害児の出生率が跳ね上がるとも言われています。

そういった背景もあり、30代後半から40代の女性は、
婚活市場では一気に需要がなくなってしまいます。

そんななか、結婚相談所は、そういった細かい条件までも加味して、
ベストな結婚相手を探してくれる場所です。

自力で不利な条件を背負って相手を探すより、
ずっと楽で確実なことから、アラフォー女子には相談所がおすすめなんです。

また、相談所に登録されている会員の方は、
皆さん結婚することを目的に会員になっています。

婚活サイトの目的は、あくまでも出会いの提供なので、
結婚までの道のりが相談所に比べると長くなりがちです。

少しでも早い結婚を望むのであれば、
結婚までの道のりは、短縮できるに越したことはないでしょう。

そういった面でも、結婚相談所のほうをおすすめしたいと思います。

■アラフォー女子におすすめの婚活パーティー

では、どうしても結婚相談所でないと相手は見つからないのかというと、
そういうわけではありません。

 

婚活パーティーやお見合いパーティーでも、
十分にお相手を探すことはできます。

探す場所を限定すればいいんです。

・アラフォー女子限定
・子供にこだわらない男性限定
・年上希望の男子限定
・40代後半から50代の男性限定

など、20代や30代前半は来られない、興味ない企画に参加をする。
つまり、自分が一番年下になりそうな会に参加するんです。

そうすることで、年齢面はクリアできます。
あとは、女性らしさや、品のある振る舞いができると好印象です。

特に年上を対象にしたい場合は、品格をみられます。
それなりに人生経験をつんできた男性たちは、
見た目よりもその人の品格を重視する傾向があります。

言葉遣いや、態度など、ちょっとしたことを細かく見られるので、
日頃からの心がけが大切です。

■その他の出会いの場

今までの経験から、友人知人の輪はある程度広がっていると思います。
そこで、その輪を使って更に交流を広げてみませんか。

 

本気で結婚を考えるならば、見栄は捨てるべきです。
周りにいい人がいたら紹介してほしいと声をかけましょう。

また、趣味にしていることや、興味のあることで輪を広げるのもありです。

教室やサークルに参加して、共通点をもとに関係を深める。
もちろん、全員がそういった出会いを求めて参加しているわけではないので、
その辺りは考慮して、あくまで会の趣旨は尊重しましょう。

最近では、「街コン」というものもあります。
イメージ的に若者向けの大規模合コンと言った印象をうけますが、
実際は、そうとう年代に幅があります。

もちろんナンパ目的の参加者もいるので、そのあたりは見極めが必要ですが、
ここで仲良くなった人との交流も、輪を広げるきっかけです。

出会った人が、結婚の対象になるかどうかの判断も必要ですが、
その出会いの先にあるものを考慮すると、
もっと可能性は広がっていくでしょう。

■余計なものは捨てていく

アラフォー女子の婚活がうまくいかない理由で、年齢の他には、
余計なものがありすぎている
ということも言えます。

 

余計なものとは、

・ここまで独身でいたプライド
・今まで自立できていたプライド
・それなにに自分にお金をかけてきたプライド

そう、「プライド」です。

今まで独身でいたんだから、とびきりいい男を捕まえてやる。
結婚しなくても生活していけるんだから、自分より高収入でないと。
こんなに磨きをかけてきたんだから、それに見合うひとでないと。

すべて「プライド」を満たすための条件であり、
本来の結婚としての条件ではありません。

周りが次々結婚していく中、仕事に明け暮れた結果、
ひとり取り残された感がある。
それを認めたくないために、色々と無茶な条件を出す。

いい人がいたら結婚するんだけどね・・
そんなことを言って、プライドを何とか守っている。

そんなことではいつまでたっても結婚できません。
そもそも結婚する気が感じられません。

他人と支えあって生きていくのが結婚です。
そこに自分を守るためのプライドは必要ありません。

余計なものは一旦すてて、
身軽な気持ちで婚活してみると、案外良縁は目の前にあるかもしれませんよ。

今までの頑張りは、自身で褒めてあげましょう。
そうしていたわりの心を持つと、
それがにじみ出て、やがて女性らしさや癒やしとして漂います。

そこに男性は安心を覚え、やっと対象として見てもらえるのです。

結婚相談所は高い!というのは昔の話です・・

婚活パーティーで惨敗しまくっていた私‥
効率がわるいとおもって相談所に切り替えてみました。



でも結婚相談所って結構お金が高いイメージですよね?
私も躊躇しましたよそりゃ。・・

でも私が入会したenの婚活は入会金は約1万円で月額料金も1万ちょっとなので10万以上払う他の相談所に比べたらぜんぜん良心的でした♪




費用比較はこんな感じです。



en婚活って聞かないけど怪しいとこでは?
と思ったのですが(失礼ですいません・・)
東証JASDAQに上場しているエン・ジャパングループの企業だったのですね。




>>待っているだけで毎月6名以上のご紹介!「エン婚活」



怪しい個人の相談所に入って苦労したという友人がいたので、ちゃんとした会社でよかったな~と感じた次第です。



あとこれいいな~と私が特に感じたのはコネクトシップ






これはなにかというとお互いの会員の相互紹介というイメージ。
他の相談所の方にもアプローチをできる、アプローチされることができます!




その中にはな、なんとあの「パートナーエージェント」さんもいるではないですか~!



■コネクトシップ利用事業者一覧


パートナーエージェント

・マリックス

・日本仲人連盟

・ゼクシィ縁結びカウンター(※2017年下期利用開始予定)

・OTOCON MEMBERS 婚活カウンター

・日本結婚相談協会

・エン婚活

・Yahoo!婚活コンシェル プラン

・エキサイト結婚相談所 powered by PARTNER AGENT

・ichie(いちえ)※ベネフィットステーション会員専用オンライン結婚相談所


パートナーエージェント」というと、例の、あの、ちょっとお高い感じですよね(汗)


でもen婚活はリーズナブルな料金でパートナーエージェント会員の方も紹介していただけるという太っ腹ぶり。
もうすぐ、入会しちゃいましたよ(笑)


ぜひあなたもen婚活のサイトをのぞいてみることをおすすめします!



>>最後の婚活に「エン婚活」









エン婚活