婚活パーティーに30代後半限定のパーティーってあるの?

■30代後半の女です。35歳から40歳限定の婚活パーティーはありますか?

婚活パーティーと言っても、いろいろありますよね。
共通の趣味で集められた人たちや、
年代で集められた人たちなど、様々です。

 

年齢限定のパーティー、もちろんあります。
20代の若い人が、50代の方と婚活しても普通はうまく行きません。
そのため、気の合いそうな年代同士限定というものがあるんです。

では、年齢限定とは、その程度の限定なのか。
また、それは男女どちらも限定なのか。
男女どちらかの限定なのか。詳しく見てみましょう。

まず、限定される範囲。
35歳の人オンリーという限定の仕方はありません。

大体、20代、30代、40代、50代以上のような分け方です。
20代~30代は、ひとくくりにされることが多いです。

ただ、ちょっと中途半端な分け方をすることがあります。
理由は、後で詳しくお話します。

次に、男女で限定年齢が違うのか。
はい、違うことがあります。

結婚を前提に出会いを求めてパーティーに参加しています。
当然、結婚=家庭=子供、という図式が一般的な考え方なので、
初婚で子供がほしい男性は、20代~30代前半の女性を探します。

その場合、女性は年齢限定が、男性は収入限定が、なんてこともあります。

逆に、大人の女性と落ち着いた関係を築きたい男性と、
年下の男性と素敵な恋がしたい女性のためのパーティーでは、
男性は20代、女性は30代なんて分け方もします。

求める相手がいろいろなので、パーティーの趣旨もいろいろです。
自分が結婚に求めるものが何なのか、
その考え方と同じような趣旨のパーティーを選ぶといいと思います。

■男性は30代後半の女性をどう見ている?結婚対象?

先程も言いましたが、
「結婚=家庭=子供」の図式を持っている男性は、
30代後半や、40代以上の女性を結婚相手には見ないかもしれません。

 

かと思えば、30代後半以上の女性の方がいいという場合もあります。
それぞれ、どういう条件で対象になったりならなかったりするのでしょうか。

30代後半女性が対象となる男性の多くは、
バツイチ子持ち、子供は欲しくない、などの男性です。
自分のためのパートナー探しなので、年代は近いかあまり気にしません。

逆に、対象外になりやすい条件というのが、
「結婚生活」に育児が含まれていて出産を望むのであれば、
30代前半の女性に比べると、ぐっと難しくなるでしょう。

子供はどちらでもいい、まずは自分のパートナーを探したい、
と言った希望の男性からすると、
30代後半の女性は、自立をしていて、世間をしっている。
まさに、理想のパートナーとなりうる相手として見てもらえます。

若すぎたり、社会を知らなすぎる年代の女性は、
結婚後、男性に理想を求めます。

20代や30代前半のまだ体力の十分あるうちは、
そんな相手の理想も叶えようとする気力もありますが、
40代をすぎると、そうも言っていられないのが現実です。

そこで、同じように社会を経験してきた女性に、
同意を求めてしまうのかもしれません。

■年齢よりもきにしなくてはいけないこと

たしかに年齢がいくと、婚活しにくくはなりますが、
それよりも気にしなくては行けないことがあります。

 

それは、生活リズムです。

社会に出て、それなりに仕事をこなし生活も安定した。
気ままな一人暮らしで、時間とお金を自分一人のために使ってきた。

そんな30代後半の女性が陥る失敗は、
長年の生活リズムから脱出できないことです。

婚活パーティーでうまくいってカップルになれた。
いざお付き合いをはじめて見たら、お互い仕事でなかなか会えない。

この人とは合わなかったんだとお断りを入れて、
また、次の人を探しに行く。

自分の生活リズムのなかに、いままでいなかった人がいる。
でもリズム通りに生活をしていたら、その人はないがしろになっていた。

一人での生活が長いと、それを崩すのはとても苦労します。
ましてや自立してやってこれたものを壊すのですから、
無意識に拒絶もしてしまうでしょう。

会社で成功している女性ほど、婚活がなかなか進まない理由の一つが、
この「生活リズム」なんです。

いままでのリズムに固執せず、
いつでも柔軟に対応できる心構えが大切です。

■30代後半限定のパーティーで好印象を残すには

年代の限定がシビアになれば、その分候補も絞られますが、
それは、相手からも同じ条件です。

 

30代後半女子の集まるパーティーの中で注目されるには、
ずばり、30代前半の活力です。

古臭い言い方をすれば、
世間の酸いも甘いもしっているのが30代後半からの女性。

そんな世間の通りを知っている女性が、
見た目や行動力が実際より若かったらどうですか?

男性よりも女性のほうが先に筋力は低下します。
筋力の低下は、やる気の低下につながります。
だって、体を動かすことが億劫になるんだから仕方ありません。

そんな女性が増えるなか、元気ハツラツな笑顔の女性がいたらどうでしょう。
容姿に関係なく、誰の目にもとまると思いませんか?

背筋を伸ばして、明るい笑顔で快活そうにしている。
それだけで、男性からは注目されると思いますよ。

■婚活パーティー、お見合い、サークル、結婚相談所、どれが一番あっている?

結婚相手を探そうとすると、その手段はいろいろです。
では、どの方法が一番いい相手を見つけられるのか。

 

それは、人によって違います。

というのも、それぞれメリットデメリットが有り、
それを利用する人たちの性格や、望むものとマッチしていないと
うまく機能しないからです。

簡単に言うと、

婚活パーティーは、出会いを求める場所
お見合いは、一対一で結婚相手にふさわしいか確認する
サークルは、出会いの中でもお友達から始める要素が強い
結婚相談所は、結婚相手を探す場所

このように別れます。
この中でもさらに細かくなりますが、
大雑把にわけてもこれだけの特徴があるのです。

もし、すぐにでも結婚をしたい。
いい人がいれば、結婚を前提に話を進めていきたい。
そう思ってる人がサークルで相手を探すのは、あまりに遠回りです。

逆に、将来的に結婚はしたいが、まずは出会いがほしい。
そんな人が結婚相談所にいっても、からかい半分かと思われてしまいます。

自分が何を求めているのかによって、
どこを利用するのか考えないと、とんでもない誤解を生むかもしれません。

■真剣に結婚相手を見つけたい

出会いは、結婚を前提に。
タイミングさえ合えばすぐにでも結婚したい。

 

そんな結婚に強い思いを抱いているなら、
使用するのは、結婚相談所が一番です。

ご自身のパーソナル診断や、お相手に求めるものなど、
条件や希望を考慮の上、マッチングのプロが最良の相手を見つけてくれます。

また、お見合い形式の顔合わせは緊張するという方には、
結婚相談所が主催する、婚活パーティーもあります。

結婚相談所が主催しているので、参加者はみな結婚相手を探しています。
ほかの婚活パーティーのように、とりあえずの出会いとは、
お互いの真剣さがまるで違います。

また、真剣に結婚相手を探すのであれば、
結婚後の自分の今の生活の変化を想定する必要があります。

結婚後も仕事を続けたい。
結婚後は、家庭に入って専業主婦として家にいたい。
この2つをとっても、お相手に望むものが真逆です。

結婚後の自分の希望や、夫婦になった時に考えられることで、
確認をしておきたいことは、予め念頭においておいたほうがいいでしょう。

■婚活パーティーではすぐに結婚できないの?

必ずしも、すぐに結婚に結びつかないわけではありません。
30代後半以上の人たちの婚活パーティーで言えば、特にです。

 

20代は、まだ将来のビジョンに結婚があればいいいという、
どちらかというと、出会いに重きをおいています。

それが30代後半になると、それなりの人付き合いもしてきた、
それでもいい出会いに恵まれずに来てしまったので、
より結婚を現実的に感じている方が多いのです。

なので、もし真剣に結婚を考えた上で、婚活パーティーに参加するならば、
30代以上を対象としたパーティーに参加するほうが
結婚へとつながる可能性は高いと思います。

また、少人数のパーティーの場合、
一人づつと話をする時間が持てるので、じっくりと話すことができます。
そのため、カップルになれた場合は、発展する可能性も高くなります。

出会いをきっかけに、その先に結婚を持ってくるのか、
はじめから結婚に絞ってパートナー選びをするのか、
方法によって、参加するパーティーの種類もいろいろなのです。

■婚活の場って、どんなものがあるの?

ご自身にあったものを選びましょうといいましたが、
では、どんな種類があるのでしょう。
種類と特徴をご説明しましょう。

 

・大人数の婚活パーティー
回転寿司型とも言われ、一度のたくさんの出会いがあります。
一人づつの紹介の時間が不十分なので、
積極的な人や、アピール上手な社交的な人向きです。

・少人数の婚活パーティー
合コン型とお見合い型があり、合コン型はその名の通り、
男女で6~10人くらいの小規模なもの。
お見合い型は、個室に女性が待機していて、
男性はそのブースを一定時間ごとに回って会話をする。
人数がすくないので、それぞれじっくりと話ができます。

・サークル婚活
釣り・陶芸・ウィンタースポーツなど、
共通の趣味を通じて交流を深めましょうというもの。
例えば、興味があるけどやったことがなかった女性が、
それを趣味にしている男性から手ほどきを受けながらの婚活。

目的地が遠かったり、泊まりがけでの企画もあり、
その目的地につくまでの移動手段の中で打ち解けていき、
現地につく頃には、仲間意識が芽生えていたり、
親密になる良いきっかけになるようです。

・結婚相談所
結婚相手を探す場所として、昔からのやり方。
いまでは、SNSなどを使い、ネット婚活やチャット婚活など、
多彩な方法で、マッチングをしてくれます。

自分の希望に合う婚活が出来る場所を選んで、
楽しみながら、良縁をつかめるようがんばりましょう。

結婚相談所は高い!というのは昔の話です・・

婚活パーティーで惨敗しまくっていた私‥
効率がわるいとおもって相談所に切り替えてみました。



でも結婚相談所って結構お金が高いイメージですよね?
私も躊躇しましたよそりゃ。・・

でも私が入会したenの婚活は入会金は約1万円で月額料金も1万ちょっとなので10万以上払う他の相談所に比べたらぜんぜん良心的でした♪




費用比較はこんな感じです。



en婚活って聞かないけど怪しいとこでは?
と思ったのですが(失礼ですいません・・)
東証JASDAQに上場しているエン・ジャパングループの企業だったのですね。




>>待っているだけで毎月6名以上のご紹介!「エン婚活」



怪しい個人の相談所に入って苦労したという友人がいたので、ちゃんとした会社でよかったな~と感じた次第です。



あとこれいいな~と私が特に感じたのはコネクトシップ






これはなにかというとお互いの会員の相互紹介というイメージ。
他の相談所の方にもアプローチをできる、アプローチされることができます!




その中にはな、なんとあの「パートナーエージェント」さんもいるではないですか~!



■コネクトシップ利用事業者一覧


パートナーエージェント

・マリックス

・日本仲人連盟

・ゼクシィ縁結びカウンター(※2017年下期利用開始予定)

・OTOCON MEMBERS 婚活カウンター

・日本結婚相談協会

・エン婚活

・Yahoo!婚活コンシェル プラン

・エキサイト結婚相談所 powered by PARTNER AGENT

・ichie(いちえ)※ベネフィットステーション会員専用オンライン結婚相談所


パートナーエージェント」というと、例の、あの、ちょっとお高い感じですよね(汗)


でもen婚活はリーズナブルな料金でパートナーエージェント会員の方も紹介していただけるという太っ腹ぶり。
もうすぐ、入会しちゃいましたよ(笑)


ぜひあなたもen婚活のサイトをのぞいてみることをおすすめします!



>>最後の婚活に「エン婚活」









エン婚活